ーーーーーーhttp://www.sokunousokudoku.net/class-lp/ よりーーーーーーーーーーーーーーーー

あなた(お子様)に当てはまることはありませんか?

 

 

 

 

 

多くの方が既に速読を実践しています!
全国220,000人以上の方が既に速読を実践!
累計220,000人以上の方に、当協会の速読法を実践していただいています。
全47都道府県の学習塾・教室や公・私立学校が導入!
全国2,000教室以上の学習塾・教室や公・私立学校に速読システムを導入いただいています。
数多くの導入実績を実現できた秘訣は当協会の速読システムが「十分な理解を伴う速読」を目標とし、教育や受験に適した実践的な指導方法であると自負しています。
地方検察庁の職員教養研修として採用されました!
高松市地方検察庁にて当協会の速読法を使った速読研修が実施されました。
職員教養研修の一環として行われたこの研修の目的は、業務上の書類や資料を的確に理解しながら「処理スピード」を高めることでした。
2時間のトレーニング終了時には、平均で約2~2.5倍の読書速度の向上が見られました。
『あさイチ!』『とくダネ!』をはじめ、テレビ、新聞、雑誌で紹介されました!
  • あさイチ(NHK総合テレビ) スゴ技Q 暮らしが変わる!? 速読VS遅読
  • 日経新聞 ゲーム感覚で速読訓練 読めると快感、学習に効果
  • 週刊SPA(扶桑社) スポーツ・勉強・ビジネスでこんなに効果あり!
  • やじうまサタデー(テレビ朝日系列) 教科書改訂に伴う速読の効果
  • とくダネ!(フジテレビ系列) 眼を鍛えると脳が鍛えられる
  • シャキーン!(NHK教育テレビ)速読家と速読ソフトの紹介
  • 所さんの目がテン!(日本テレビ系列)速読家を紹介
  • プレジデントFamily(プレジデント社) 速読大解剖
  • めざましテレビ(フジテレビ系列) ココ調 動体視力で3本勝負
  • 産経新聞講座盛況、脳トレ効果も 団塊~シニア層に熱い「速読

当協会の速読を導入している学習塾が「プレジデントFamily」の取材を受けました。
読書速度と偏差値の関係性や速読を始めた生徒の学習に対する姿勢の変化など・・・
これから成長していく子供たちにとって速読がいかに効果的なものかを紹介しています。

※プレジデントFamily Club=雑誌「プレジデントFamily」の公認サイト。 中学・高校受験はもちろん日々の子育てに役立つ情報を掲載。

速読とは?

難関大学合格者のほとんどが一般の方の2~3倍の読書速度。速読と学習の関係性とは?

速読は「斜め読み」や「飛ばし読み」ではない
速読とは、『斜め読み』や『飛ばし読み』といった概略把握的な読み方とは違います。
内容の理解度や記憶力はこれまで通りで、読書速度だけを引き上げます。
もし、速読を身につければ、同じ時間でこれまでの数倍の量の読書や学習ができるようになります。
偏差値と読書速度は比例する!
【読書速度上位者10人】と【読書速度平均者10人】(中学生)の偏差値比較表

上図は、当協会の速読を導入している成基学園様の受験生を対象に、「読書速度上位者10人」と「読書速度平均者10人」の偏差値を比較したデータです。
データから分かる通り、読書速度の速い生徒の方が偏差値も高く、難関中学・高校に進学している事が分かります。
実際に東大や京大などの難関大学合格者の読書速度を調べてみると1200文字/分~1500文字/分(通常の2~3倍)という数値が出ました。
「難関大合格者の全員が速読講座を受講している」というわけではありませんが、読書速度が記憶や試験の解答などに大きく影響しているという事を表しています。

あなたは今、どんな風に文章を読んでいますか?
この文章を読んでいるあなたは今、1字1字頭の中で文字を「なぞり読み」していませんか?
速読はまず従来からの読み方の概念を払拭する必要があります。

読書=音読・黙読

 通常私たちは、一文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」や、発音したり、
頭の中で音声化して読む「音読・黙読」を行っています。
本来、私たちは音読・黙読しなくても本の内容を理解することができます。

ではなぜ、私たちは音読・黙読しているのでしょうか?
それは学校教育では「音読」を中心としているからです。
この学校教育で習慣化された「音読」の概念を取り外していくことが速読の第一段階になります。

速読=視読

速読は文章をかたまりで視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。
簡単な視読は、日常生活で看板を見るときなど、誰もが行っています。
トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語のような簡単なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へと移行させます。

2つの「読む」を攻略する!
速読をより効率的にマスターするためには、2種類の「読む」について理解していただくことが必要です。

趣味で読む

学習・試験で読む

この2つの「読む」を理解・攻略する事で、状況に応じた効率的な速読が実践できます。
当協会ではこの2つの「読む」をしっかりトレーニングしていきます。

 

速読の効果とは?

「文章を速く読むこと」は様々な場面で役立ちますが、その中で主な3つの効果を紹介します。

速読がもたらす3つの効果

読書が好きになり、知識量UP・あなた(お子様)の学習姿勢も変わる!

勉強は好きですか?
読書は好きですか?

きっと、「読書よりもマンガが好き。ゲームが好き。」
という方がほとんどではないでしょうか?
自分は「勉強が向いていない」
「読書が嫌い」と思っていませんか?
その決めつけがあなた(お子様)の将来を変えてしまいます。

読書があまり得意でない理由は
単に「活字に慣れていない」という可能性が高いです。

速読を受講された方は活字に対して抵抗がなくなります。
必然的に文章に触れ、読解力が上がります。
本の面白さを知れば、読書が好きになり、読書量がアップします。
知的好奇心もこうした事がきっかけでアップします。
活字に対する慣れは様々な教科に影響します。

処理能力・理解力・集中力向上により、学習の効率UP!

速読は脳を鍛えるトレーニングでもあるため、「記憶力」や「集中力」、「思考力」など脳の総合的な能力を底上げする効果も期待できます。(上のアンケート結果参照)

速読により学習効率をUPさせることが可能です。
問題を理解する時間を短縮させることで、余った時間を復習に回し、学習内容をより脳に定着させることができます。

テストや入試の点数がUP!

当協会の速読は内容の理解度を落とさず、速く読める方法を指導しているため、テストや入試等に最適です。

問題演習用のトレーニングを用意しているため、実際の試験同様、深い理解を伴う速読ができるようになります。

また、速度が上がれば、時間が短縮できます。
短縮できた時間を、考えたり見直したりする時間に充てられます。

速読を習得することで、受験に圧倒的に有利になります。

 

速読の理論

これまで速読について説明をしましたが、皆様の中には
「速読って本当に効果があるの?」「特別な人だけが修得できる技術なのでは?」
そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、そんなことは決してありません。速読は「誰にでもできる」トレーニングです。

なぜなら、速読トレーニングとは人間の誰もが持っている脳の2つの特性「可塑性(かそせい)」「汎化作用(はんかさよう)」を利用したトレーニングだからです。

脳の2つの特性

脳が速さに慣れること=可塑性(かそせい)

自動車で高速道路を時速100 ㎞でしばらく走行した後、一般道路に入ると、景色が非常にゆっくり流れるように感じる事はありませんか?

これは脳が高速走行のスピードに順応して、情報処理能力を高めた結果です。

このように、脳は「可塑性(かそせい)」つまり外部からの刺激(例えばスピードなど)に柔軟に適応できる性質を持っています。 速読トレーニングとは、脳のこの特性を利用したものなのです。

1つの能力向上によって、他の能力も向上する事=汎化作用(はんかさよう)

「見る」という能力をアップさせると、「理解」「記憶」「感性」などといった読むことに関わる他の能力も、 それに追いつこうと処理能力を高めます。

このように、脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす 「汎化作用」という性質があります。

脳全体はつながっている神経網であるため、一部が活性化されると他の領域にも波及効果が及ぶのです。

また、速読トレーニングは人間の脳に達する刺激の8割を占める視覚刺激を利用しています。
視覚刺激を通じて、高速に、かつ大量の刺激を送ることで脳を効果的に活性化していき「可塑性」と「汎化作用」を効率的に活用することができます。

 

速読で脳を活性化

速読と脳活動の研究で、特許権を取得
速読時における脳活動の研究を以前より行っておりましたが【脳計測装置による計測】及び【速読経験者の脳活性計測の結果】の研究を通して、生体機能解析に関する特許権を取得しております。