こんにちは

 

昨日、英単語(学校の宿題)をやっていた生徒に伝えたことです。

100個の単語を15回ずつ書けという宿題だから仕方ないのですが、、、、

1500回書くしかないのですが、、、

どうしても気になってしまいます。

 

学校の先生が15回ずつ書かせる理由も分かるのですが、、、

どうしても気になります。

 

 

あくまで中学校の定期テスト範囲を意識して書くので、高校生はマネしないで下さいね!

特に、英単語を5000~10000単語覚えないと戦えない大学受験、英検準1級とは少し違います。

 

中学生単語の覚え方 「20個の単語を覚える」

①声に出して読みながら書いて覚える。

 

ぶつぶつと唱えながら書いていきましょう。

どうにかして脳みそを動かしながら書かないと、、、ただの作業です。

各回数は、何回でも良いのですが5~10回だと思います。

私は5回が良いと思っています。

5回で覚えられる単語もあれば、10回かかる単語もあるし、20回もあり得るし10000回もあるし、、、

5回で覚えてるのに、10回書くのが嫌なんです。

 

 

 

指先には、脳に繋がる神経がたくさんあります。

書くことで脳を刺激します。

家でやるときは正々堂々とブツブツ唱え、家の外では小さな声で!

自転車に乗ってるとき、歩いているときはリズム良く!

 

 

②自分でテストを3回する!!

 

暗記は自分でテストを繰返すことが大事です。

3種類やりましょう!

②-1 プチテスト

 

これは、最近まで生徒に伝えていませんでしたが、師匠に教えて頂きました。

勝手に無許可でパクります笑。

 

語句ごとにテストを行います。

例えば、Mondayという単語を覚える時に5回書いて覚えると自分で決めます。

ブツブツ唱えながら「マンデー」「まんでい」「まぁんDay」・・・・

5回書いたら、5回までを手で隠して6回目に書けるかどうかをチェックします。

「Monday!!」

 

書けたら一旦OK!

書けなかったらもう2回書いてからプチテスト!!

 

人間そんなに強くありません。

単純作業の提出目的、自己満足、勉強した感のみの作業になりがちです。。

いつの間にか、脳みそが働いていない作業になりがちです。

オススメです。

 

 

②ー2 小テスト

 

20個の単語を覚えるとして、10個ずつ覚えるとか、5個ずつ覚えるとか細かく分けます。

単語を覚えるのがメチャクチャ得意になれば一気に20個でも大丈夫ですが、あまりオススメしません。

(高校生ともなれば、、、あは。)

 

 

②ー3 すべて覚えるまでテスト

5個ずつ4回小テストをクリアしたら最後は、20個で最終確認しましょう。

20問テスト!

そして、テストしてみた結果、4つ間違えたなら、その4つを覚え直します。

プチテスト大事ですよ!

最後に4問テストです。

 

 

 

③暗記の心構え

 

 ③-1 まずは敵を減らしましょうよ!

西中のスラスラ英単語・ターゲット1800を覚えるときなんかに良く言ってることです。

覚える前に簡単に「プレテスト」して敵を減らしましょう!

暗記作業に入る前に、

「いやっ! わざわざ練習しなくても書けるし!」

「発音出来たら書けるし!!」

みたいな単語を探しましょう!

これをするかしないかで だいぶ心が変わって来ます

 

 

3ヶ月前、、、「This is a pen.」の「a」をひたすら20回書いていた生徒を思いまします。

ちょっと例が極端かな。。。。

でも、本人に「「a」ってどういう意味なの?」って聞いたら答えられました。

それでも、「a」を20回書いてました。

時間の無駄です。

これをするかしないかで、作業の時間が大幅に減りますね!

 

 

③ー2 敵を減らす心構え

 「どれだけ出来るのかではなく、解ける問題を探す」

 

何が違うの? 一緒やン??って感じですが笑。

20個中2個しか出来なかったから、18個も覚えなアカン!って思うか、、、

2個出来たら、20個が18個に減った!!ラッキーって思うか、、、

結構違います。

 

「どれだけ出来るか」って発想は、

ある程度出来きる!

ってことが前提です。

 

20問中・・・3問しか出来なかったら涙が出ます。

20問中・・・0問だったら、、、んー 嫌だ~~ 放棄!!

 

 出来ない自分は誰も見たくない。。。

 「×」は嫌いだから「○」にする。

だから取りあえず書いて、出来てる風に作業をこなしたい。

「俺,,,10回も書いたんだぜ! 200個じゃん。頑張ったな!」

でも、、、作業しても覚えれません

「俺、あんなに頑張ったのに出来ない。」

「俺、頭悪い。。。」

 

そして、誰かに言われる一言。

「ちゃんとやってるの? どうして出来ないの?」

 撃沈

 

 

 

やることは同じですよ!

180度 気持ちを変えて下さい!

「あ~今から20個覚えなアカンのか。」

「なんか出来るのないかな~~~」

「2個あった!! ラッキ-」

「18個~~ いぇい!」

そんな気持ちで取組んで~~。

 

 

 

④ テストまでに出来れば良い! 覚える時間はなるべく短く

英語が得意な高校生に確かめてみました。

得意といってもどれくらい得意かは言いにくいのですが、高3 英語全国模試の偏差値65くらいです。

本人は英語に苦手意識あります笑 意味不明です。

得意だと信じてしまえば、少し勉強が楽なのに。。。

 

 

「単語っていつ覚えてるの?」「何分ぐらいかけてる?」

「え? 何分かけてるとか全くわかんないっス」

「でも、、、みんな龍野駅のホームとか,,,部活の試合の空き時間ですよ」

(環境って大事だな。。。)

「だから、1回、、、10分とかそんなもんじゃないですか。。。」

 

空き時間を有効に活用しよう!ってことではありません。

 

 

 ④-1 なるべく短い時間で暗記する

時間は無限にありません。

単語というのは、定期テストで聞かれるごく一部です。

なるべく短い時間で暗記して、他の教科に移る必要があります。

5時間~6時間かけて「単語10個暗記しました! 漢字20個暗記しました」とか話になりません。

「どうやって短い時間で暗記するのか」ということを意識して欲しいのです。

テスト前にすべての単語を暗記するのも無理です笑

 

 

④-2 テスト当日に全て出来れば良い!

 

ワークを答え見ながら埋めてる、教科書を調べながら埋めている「○(マル)が大好き完璧主義者」

そんなアナタに良く聞いて欲しい。

 

テスト当日までに出来れば良いのです。

だから練習の時は、盛大に間違えましょう!

漢字は、空欄をたくさん作っておけば良いのです。

見たことない漢字を書いておけば良いのです。

それで良いのだ。

 この取り組みが、暗記時間を短くするのです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じでしょうか?

 

たまに、

「私は単語をまる暗記するなんてやったことがありません!」みたいな子は確かにいます。

そういう子は大概 言うんです笑。

「わざわざ単語を覚えなくてもよいくらい、圧倒的に問題量をこなしてるので自然に覚えちゃいます」

「単語テストも分かる単語が多いので2~3個しか覚えません」

そっか。。。笑

 

そういう子は本当にマレです笑。

ただ、そういう子でもセンターレベルまではなんとかなっても、それ以上の英文を読み解くときはマニアックな

単語が出てくるので覚えないと苦しいと思いますね。

 

 

高校生になると、、、

書いて暗記している時間なんてありませんから、発音出来たらスペルがかける状態でないときついかもです。

英作文もマニアックな単語を書くことは求めてませんし、書く練習は必要ありません。

自分が使いこなせる単語と文法を使って書くってイメージです。

 

ただ、、、。

それは、中学レベルの2000個程度の単語が書けるってことが前提ですね。