赤穂松陰塾です。

 

勉強、特に数学が苦手だという中学生は、ほぼ計算が苦手です。

中学1年生で、文字式を習いますが同時に、分数・小数・掛け算・割り算・足し算・引き算が混じった計算問題が出てきます。

ここが数学が苦手かどうかの第1関門です。これを苦手なまま進むと中学校の数学が得意になることはありません。

計算ミスする確率が、例えば40%~60%あるからです。

一生懸命勉強して1次方程式の考え方を理解しても計算が出来ないので、1次方程式も理解してないことになってしまいます。

そうなると本当は計算が苦手なだけで数学のすべてが苦手なわけでもないのに苦手だと勘違いしています。

 

しかし、、、実は小学5年生から6年生でひたすら訓練する分数・小数ができるかどうかが分かれ道です。

小数だけでも、、、分数だけでも、、、少し間違っちゃうのに全部入って、文字(aとかx)にマイナスプラスが入るともう意味不明状態です。

だから、どうか中学に入る前に計算問題をひたすら練習して得意とまではいかなくても苦手意識はなくして欲しいと切に願います。

 

当塾では、この計算問題が解けない生徒にはひたすら計算の練習をしてもらってます。計算が出来ないとほかの単元をする意味がないからです。ほかの単元を勉強していくうちに計算も得意になるのではないかという思いもあります。しかし、、、大半の生徒は、計算が出来ないことに心が折れてしまうのが現状です。中学3年生でも小学5年を勉強してもらうことはあり得ます。確かに時間はかかります。計算が出来るだけで本当に点数変わります。計算ミス確率60%が20%になるだけで点数上がります。

半年我慢してください。必ず数学が解けるようになります。逆に、小学校までは算数得意だったなんてこは、勉強してすぐに成績が伸びます。

 

今日、1次方程式「移項」を教えているときに、そんなことを考えていました。

 

 

 ℡ 0791-56-6751

「速読」体験会 参加者募集中!
12/23(金・祝)①13:00~ ②15:00~
参加者限定特典有
定員先着10組様
・冬期講習 外部生・内部生受講受付中
期間;12/26(月)~12/30(木)、 1/5(木)~1/7(土)
各コース 無料体験受付中!
お問い合わせは、こちら