小学生の夏休み!!

もうすぐ夏休みですね!
たくさん遊ぶことはもちろん大事ですが、勉強もしっかりしましょう!

中学生になる時にある悩みで多いのは、

・小学校時代はテストで90点以上だったから、てっきり勉強で困ることはないと思っていた。

・文章問題が解けない

・国語の読解力が弱い

・英語がわからない

などが多いです。

小学生のテストは、習って練習してすぐ行うので90点以上は珍しくありません。

小学校での90点は中学校の定期テストで言うと平均点くらいでしょう。

 

 

90点とれない子は、勉強が苦手な可能性がかなり高いです。

中学校に入って苦労することはほぼ間違い有りません。前の学年で学習したことがキッチリ定着していないのです。

 

小学1年生ですら、算数用語を200~300個程度習うのです。

追いつくにもかなり時間が必要です。計算力に関しても筆算が出来ればOKという訳ではありません。

 

 

小学生の学習は、意外と定着していない場合が多く、特に算数は積み重ねの教科なのであとで苦労してしまいます。

中学校の定期テストのように、復習を徹底してやる時間がないからだんだん忘れてしまうのです。

 

学校から夏休みの宿題もだされますので、そこをしっかりやれば復習にはなりますが、

とりあえずやって丸つけして終わりなんてこともよくあります。

大半の小学生はひととおり終わらせるだけで満足していまします。

どちらかというと提出が目的になってしまいます。

長期休みの宿題も、間違ったところを解きなおして理解し、再度復習するくらいのことまで必要でしょう。

 

 

文章問題や国語の読解力も学校の授業などで多少は触れますが、なかなか身に付きにくいのが現状です。

授業でわからなくても、すぐに解説が始まるのでわかった気になってしまいます。

でも改めて自分で解こうとすると解けないのです。

宿題でわからなくても答え合わせして終わりなので、自分で考え抜くという時間が不足してしまいます。

そういったところは、やはり家庭学習や学習塾で鍛えていくべきところなんだろうと思います。

 

 

 

長い夏休みのうちに基礎事項をしっかり身に付け、応用問題に頭を抱えて挑戦していく経験を積んでもらいたいと思います。

そうすることで、中学校の勉強や高校受験に大いに役に立つでしょう。

あとは英語の先取り学習ですね音譜 小学生5年生あたりからコツコツ英語の勉強を進めて、英検5級を小学生の時に取得して欲しいですね!