こんにちは

今年のインフルエンザは凄いですね。
赤穂市でも学年閉鎖、学級閉鎖が多発しています。
赤穂高校でさえも人数がそろわず練習にならない部活があるようです。

不思議なもので、
まだ、中3のクラスが学級閉鎖になったということは聞いていません。
身体の成長によるものなのか、
受験という緊張感からなのか、
インフルエンザが流行る季節に感じる七不思議です。

 

 

先日、国語の勉強会に参加してきました。

当塾は、土日をお休みにしています。

本音は、土曜日もしっかり授業したいのですが、
土日を利用して、大阪・京都に出向き、赤穂では決して
得ることの出来ない勉強会に参加するのも、
私の仕事です。
難しいところです。

 

作文・表現力の育成について
読書の効用

というテーマで勉強してきました。

文科省の調査によると、中学卒業時に教科書の内容が読みとれていない子が約5割、
そのうち基礎的な読解ができていない子が約2割だそうです。
この数字を見て、皆さんどのように思われるでしょうか?
私は塾で多くの子供たちと接してきましたが、
私の感覚に近い印象を受けました。

 

 

 

読書指導のポイントは2つ

一つ目のポイントは、ずばり多読すること。
二つの目のポイントは、文脈から語彙を推測する習慣をみにつけること。
(辞書は最後の手段で良いらしい)
但し、偏りのない選書、特にノンフィクションを多めにとのことでした。

 

これも私の考え方と一致します。
「うちの子はいつも本を読んでいるんですが、国語の成績が上がりません。」
という相談をよく受けます。

詳しく尋ねると読んでいる本が
ライトノベルなどの同一の作家またはジャンルに限らていることがほとんどです。

それでは、習得する語彙の広がりが期待できません。
やみくもに本を読むではなく、バランスが肝心であると改めて認識しました。

先週、たまたま、灘中学校に合格したという小学生に会いました。
親御さんの話を聞くと、
家では勉強はあまりしておらず、
新聞(大人が読む新聞)を読んでいるぐらいだそうです。

小学生や中学生には、
目の前の勉強も大事ですが、もっとも大事なのは、

詰め込まなくても点数が取れる習慣を身につけることですね!

 

子供一人ひとりの発想をくみ取る指導

最近の教育現場(学校および塾)において、
子供一人ひとりの発想に基づく思考をくみ取る指導が行われていない。

子供たちは性格上の「個性」だけでなく、
発想・思考上の「個性」も併せて育つ環境下において成長していくので、
子供たちの「内なる思い=発想力・想像力」をくみ取る作業が必要である。

教材と授業の進め方
作文指導といえば、原稿用紙の書き方、「て・に・を・は」、
5W1Hなど形式的な指導に終始しがちであるが、
まずは、子供たちの過去の実体験からイメージを引き出す指導が必要である実感しました。

まずは子供たちが書きやすいテーマの選択すること、
自分の心の中にある思いを湧出させる手助けをすることなどが重要ではないかと感じました。

国語が最重要
常日頃から母国語が一番大事だとかんがえています。
今回の勉強は、今後の塾での授業の進め方にの参考になりましたが、

それ以上に、塾の方向性を最確認するうえでも大変意義深いものになりました。
あらゆる学習の基本になるのは「母語力」であり母語力の強化なくして能力の向上はありないということ、
直近の定期テストの成績アップや志望校合格という短期的な目標の他、
一生生きる上で不可欠な国語力の養成が私の塾の使命であると改めて心に刻みます。

 

*****************************************************
「赤穂松陰塾」
〒678-0258
赤穂市古浜町203番地エリーズコート103
TEL 0791-56-6751
Mail info@ako-showin-shioya.com

・そろばん・速読・小学生(国語・算数)・中学生(5教科)
・高校生・大学受験・論理エンジン・読書クラブ
*****************************************************